入れ歯の治療の流れ|入れ歯治療は大師前駅徒歩3分の歯医者|足立区西新井あさひ歯科

足立区西新井本町1-17-38 長谷川ビル1F 平日 9:30~12:20 14:30~19:20  土曜 9:30~12:20 14:30~16:20 ※木曜午後・日曜・祝日は休診

03-5856-8806

入れ歯治療の流れ

患者さんに合った入れ歯の完成を目指して

イメージ画像

入れ歯の治療を進めていくにあたって、まず始めに担当医との初診にて、過去の治療暦や悩みなどをカウンセリングします。

その際に、必要に応じて検査なども追加で行わせて頂く場合もあります。そのカウンセリング時に、患者様ご自身で十分に治療内容をご理解とご納得を頂ければ、次回以降の治療を進めてさせて頂きます。

次回ご来院時には、口腔内の検査やレントゲン撮影、顎模型を作ります。この際にも、可能な限りにおいて患者様のご希望などを十分に取り入れながら、担当医が具体的な治療計画を立てます。また、場合によっては、入れ歯の支えとなる他の歯の虫歯治療や歯周病治療も同時に進めていきます。

そして、三回目以降の流れとしては、歯やアゴの粘膜の型を採って、すべての歯の向きや状態、アゴの形などがわかりやすくなるような型枠を作成します(必要に応じて調整用入れ歯も作成します)。次に、歯の上下や水平な位置関係を確認しながら咬み合わせを調整します。

イメージ画像
イメージ画像

そして、患者様に快適に使って頂けるように、試作品の入れ歯で歯並びや歯の見え方、口の周りのふくらみの様子などをできるだけ細かく出来上がりの状態に歪みや変形がないかを確認して、最終的に各患者様に合った入れ歯を完成させていきます。