院長・スタッフ紹介|入れ歯治療は大師前駅徒歩3分の歯医者|足立区西新井あさひ歯科

足立区西新井本町1-17-38 長谷川ビル1F 平日 9:30~12:20 14:30~19:20  土曜 9:30~12:20 14:30~16:20 ※木曜午後・日曜・祝日は休診

03-5856-8806

院長・スタッフ紹介

院長紹介

歯科医師になったきっかけ

イメージ画像

実家が自営業でしたので、家業が忙しい時期は祖母に連れられて西新井大師や浅草寺に行き面倒を見てもらって育ちました。小さいころから車が好きだったのでタクシーの運転手になりたいと思ったりしたこともありましたが、大人になったらサラリーマンではなく、自分でお店を持つ、商売をするものとおぼろげながら覚えています。

幼稚園の頃、実家の店のガラスショーウィンドウに自作のプラモデルに50円、100円の値札をつけて商売の真似をしていた子供でしたので、大学で経営学部に進んだのも今から考えると納得です。

小さいころから身体が大きかったのですが、眼科以外の医者へは色々通院していました。いつも行っていましたが医者嫌いで、中でも注射が大の苦手で逃げ回っていました。もちろん、歯医者はトップ3に入るくらい嫌なところでした。あの頃を思い出すと、今あさひ歯科に通ってきてくれている子供さんは、皆おとなしく、治療しやすいお子さんばかりだと感心しています(笑)。

当時の私の治療をしてくださった先生方には大変申し訳なかったと思っています。なぜ故、あんなにも逃げ回っていたのかと振り返ると「何をされるかわからない、得体のしれないものへの恐怖心が強かった」ため歯医者で大立ち回りをする子供であったのだと思います。

イメージ画像

お化け屋敷や肝試しと同じで何か怖いもの、よくわからないけれどお化け=恐いと似た印象を持っていたせいだと思います。

その経験から、歯科医師になった日から幼かった頃の自分でも怖がらず、嫌がらずに通い続けて治療を受けられる歯科医師になるという意識を持ち続けて日々の診療に携わっています。大人の方で歯科の苦手な方も少なくありませんが、歯科の怖い印象を取り除きコミュニケーションをとりながら、その方にあったペースで治療を進めていきます。

大人の方の中には詳しく説明しすぎると削ったり注射のイメージが増してしまいかえって恐怖心が増加する場合もあるので、説明の塩梅には注意するようにしています。

予備校での経験を活かして

大学入学前に、代々木ゼミナール(代ゼミ)に1年間通いました。今では時代も変わり代ゼミも人口減少のあおりで校舎閉鎖というニュースもありましたが、当時の代ゼミは色々な講師の先生が様々なやり方で聞いている生徒を飽きさせない、勉強をするつもりにさせる一種のエンターテイメントだと感じていました。もっと勉強していれば・・・と今更ながら思う反面、違う大学に入っておれば歯科医師という職業についていなかったであろう事を考えると人生は不思議だと思います。

大学時代は代ゼミの先生方を真似て家庭教師や人に教える立場のアルバイトをしていました。相手に物事をわかりやすく伝える難しさを知りました。他の歯医者さんより説明がわかりやすいと患者さんに言われることがありますがこの時の経験が生きているかなと思っています。

理想の歯科医院の実現に向けて

大学卒業を控え、学士入学の制度があることをしり、縁あって歯科大学の門を叩くことになりました。

入学してみると、大学といいながら、ある種教習所というか専門学校というか自分が経験してきた大学生活とはかけ離れた医療の世界が職人気質の世界であることにカルチャーショックをうける毎日でした。

歯科医師国家試験に合格してからは歯科大学に入ったときに自分が感じたカルチャーショックこそ患者さんが抱く「医者って威張っている、患者の気持ちがわかっていない」という印象の源になっていると思うようになりました。

小さいころの歯医者から逃げ回っていた自分でも通い続けられるような、お化け屋敷に行くような恐怖心を持たないで済む、歯科医院をスタッフとともに作り上げていきたいと思っています。

スタッフ紹介

私たちがお待ちしております!!